ごあいさつ

drkikuchi

私は、ファミリア歯科の院長の菊地伸仁と申します。ちなみに、このウェブサイトの作成および編集は自ら行っております。

私はこれまで歯科医師として多くの方々の歯の治療やメンテナンスを行ってきました。そして、これからも私は、皆様の失われたお口の健康を回復し、その後、一生にわたり維持できるよう最大限の力を尽くしたいと考えています。

大学院時代には歯科麻酔科で全身麻酔や鎮静法を通じて全身管理の知識や技能を習得し、全身麻酔の作用機序に関する研究を行いました。そのまま、大学院を出て、麻酔のこと全身管理のことを専門に生きていく道もあったのですが、やはり、歯科診療に携わってこそ歯科医だという思いがあり、一般臨床を行う事を決めました。

大学院を終えてから、いくつかの診療所で歯科診療の経験を積みました。また、診療室での診療のみならず歯科訪問診療にも携わりました。訪問診療に携わる前は簡単な入れ歯の調整ぐらいしかできないイメージを持っていました。ですが、実際は虫歯の治療、歯周病の治療、入れ歯の作製など幅広く行えて、多くの歯科への通院困難な方々へささやかながら力を尽くせたことに非常に感動を覚えました。

そして、2014年4月18日の良い歯(418)の日にファミリア歯科を安芸郡府中町青崎東にて開院いたしました。この地は府中町の中でも広島市の安芸区や南区とも隣接している地域ですので、これらの地域における歯科医療で微力ながら貢献させていただきたく存じます。

多くの企業のご協力によって安芸郡府中町のこの場所にファミリア歯科の開院ができたことに対して感謝しています。

歯科医院名称は英語のfamiliarという言葉から付けております。familiarという言葉が持つ「親しい」という意味と「熟知している」という意味の両方を兼ね備えた診療所であるべきと考えて名づけました。また、この地はマツダのおひざ元の場なので、かつての名車「ファミリア」にちなんで名を付けているのかもしれません。

歯科医院に足を運ぶのは気が重い、忙しくて通えないなど、いろいろな理由で治療が済んでいない方がいらっしゃると思います。

ガタガタの歯、ボロボロの歯ほど喜んで診療をお引き受けしたいと考えています。

本当に少しでも早く相談していただけたら良かったケースがたくさんあります。まずは歯のことでお困りのことがございましたら遠慮なくお話ください。

略歴

香川県高松市立鶴尾中学校卒業
香川県立高松西高等学校卒業
広島大学歯学部歯学科卒業
広島大学大学院医歯薬学研究科博士課程修了(歯学博士取得)

論文

Selective blockade of N-methyl-D-aspartate channels in combination with dopamine receptor antagonism induces loss of the righting reflex in mice, but not immobility.